卒業までの流れと卒業後の展開

セラピストの将来

カウンセリング
カウンセリングルーム

【 セラピストとは 】

体の施術を行いながら、お客様の心の癒しも行ってくれる人、それがセラピストです。
AIが進化しても残る職業のベスト3に、介護職とカウンセラーが入っています。セラピストはまさにこの二つを合わせ持った仕事です。そしてこれから求められる大切な能力が“相手を思いやる心配り”だそうです。
これからの社会は、AIの進化と共に格差、高齢化、孤立化社会となって殺伐とした時代が予想されます。そんな中にあって、心と心の絆を結ぶセラピストの存在は大きくなっていきます。
セラピストの仕事は、心の飢えを満たす“癒しの一滴“のような存在です。

具体的な将来象

  • ・健康教室を立ち上げて、地域の方の健康のお手伝いができます。
  • ・ボランティアとして被災地や施設でお役に立つことができます。
  • ・介護系の職に就いて、ヘルパーとして働く方には最高の補助テクニックになり、信用も高まります。
  • ・自分や家族の健康管理、友人の相談にも応じることが出来て、存在感が高まります。
  • ・体調が悪くて外出できない方や施設に入所している方の体を癒してあげることが出来ます。

研究科コース

独立開業をめざす

研究科1
研究科2
研究科3

研修科コースとは
基礎コースを卒業された後、開業を目指す方にさらに実践的な技術を
身に付けてもらうコースです。

【 コース内容 】

  • 定員 3名
  • 頻度の高い症状のメカニズム、施術法、運動法、テーピングの仕方などを詳しく学びます。
  • 手、足つぼ施術、ユマニチュード、ファシアの緩解の施術を習得します。

【 研究科のメリット 】

  • 講師がこれまでに作成した治療、経営に関するすべてのパンフレット、著書等のデータを提供します。
  • 「絆Planet3」の屋号を使うことが出来ます。
  • 「Planet3」のホームページ等で認定店として紹介します。
  • 情報の連絡を密にして、みんなで技術の共有を図ります。

【 受講条件 】

  • 卒業後年1回のレベルアップ講習会に参加すること。

【 受講料と受講時間 】

未定
※基礎コース卒業時のみなさんの技術と知識を考慮して研究科の内容、受講時間を決定します。

独立するのに大切なことは専門を持つこと

特別講師の大谷内さんは、私の鍼灸学校時代からの友人ですが、30代半ばで失明してしまいました。

大谷内さんはその頃から自分の進む道を、「膝」と決めて勉強していました。そのうち、口コミで膝の患者さんが増えて、今では本を10数冊も出版して、海外からも多くの人が彼の施術を受けに来るまでになりました。

全国的に有名になる人はみんな専門を持っています。
セラピストと言ってもその技術の内容は様々です。

自分には性格的にどんな施術があっているのか?
どんな施術をしたいのか?
どんな営業形態にしたいのか?

日頃からそのことを頭に入れて勉強するとよいと思います。

卒業生の声

著書を読んで入学を決意 TMさん

勉強を志した動機

7年前に身体を壊しとことがきっかけで、自然治癒力、東洋医学に興味を持ち、もっと知りたい、勉強したいと思うようになりました。

planet3を選んだ理由

先生が執筆された本に、私たち夫婦がともに取り組んでいた自然食や自然療法について書いてあり、先生が説く食育・生活習慣などの学術にも共感を受けたので、実技的な施術だけでなく、自然治癒力の知識も学べるということで、planet3を選びました。

受講の感想

先生の教え方がとてもわかりやすく、ビデオ撮影ができるので、家で動画を見ながら復習ができ、施術の上達への早道になりました。